ママさんのための仕事探しnavi

オススメ記事

パートと派遣はどっちがいい?

ママさんを騙す求人詐欺にご注意を

求人詐欺にご注意を

2017.4.22 求人詐欺にご注意を

自分に合った仕事を探そうとする上でぜひ押さえておいて欲しいポイントがあり、それはダメな職場に捕まらないようにして欲しいということです。具体的には求人詐欺と呼ばれ、世の中には応募内容と実際の仕事内容や待遇がまるで違うという求人があります。このような求人をする職場に捕まってしまっては大変です。この記事では、今問題になっている求人詐欺にそれがどういったものかという情報と上手く避ける方法についてお伝えします。

求人情報と契約書の違い

求人詐欺には様々なものがありますが、基本的には求人時に伝えられる条件と実際の採用条件が大きく異なるというものです。このようなことをして法律的に問題がないのかについてですが、上手くグレーゾーンをいっているため何ともいえません。それというのもこういった求人詐欺の際によく用いられるやり方が、求人情報と実際の契約内容に相違を作る方法だからです。そのため、求人情報と実際の労働条件が異なったとしても雇用契約と労働条件は異なっていないというようになるのです。

条件が大きく異なる

求人詐欺によってどのように労働条件が変わってしまうのかのパターンは幾つかありますが、一番大きいのは給与の食い違いでしょう。求人では月給25万円の募集だったのに実際の支給は18万円だったというようなものです。
他に労働時間や残業時間も食い違いやすい内容です。当初は週に3日出勤でも大丈夫と説明を受けていたにもかかわらず実際に働き出すと週に5日、場合によっては週に6日の出勤を求められることもあります。
また仕事内容が異なる場合もあります。例えば事務や経理の求人に応募をしたのに実際には営業職に配属されてしまったというのは良くある話でしょう。
場合によっては多少こうした食い違いが生じるのも仕方ないのかもしれませんが、あまりにも酷い場合は仕事を続けることができなくなってしまいます。

求人詐欺の見分け方

ではどうしたらこのような求人詐欺の被害に遭わないよう、上手くこうした求人を避けられるでしょうか。一つのポイントは採用面談などの場で良く雇用条件を確認することです。ただどうしても採用面談の場で雇用条件の確認をするのは憚られると感じてしまう方もいるでしょう。その場合は求人サイトなどを利用してコーディネーターを頼ってください。直接は聞きづらい求人や雇用契約の詳細も、コーディネーターを通してであれば聞きやすくなります。
また就職を検討している勤務先に既に勤めている人が身近にいるようであれば、お願いして話を聞いてみるのもおすすめです。それができれば実際の会社の雰囲気や雇用条件などがかなり正確に掴めます。

こちらも読んでくださいね!

パートと派遣はどっちがいい?

外で働きに出ようというママさんにとって、パートと派遣のどちらが良いのかはとても難しい問題です。両方とも一般的な正社員に比べて勤務時間に融通が利きやすいというメリットがあるというのは共通なのですが、雇用形態はまるで異なります。一般的にはパートの場合より勤務先に対して深い信頼を築けますし、派遣社員はよりコンプライアンスが守られた付き合いができます。